自宅で洋食屋さんのようなハンバーグを作るための方法を紹介します

ハンバーグにも炭酸水

ハンバーグを手軽にふっくらジューシーに焼き上げたい時には、牛乳の代わりに炭酸水を入れたり、蒸し焼きする時に炭酸水を使うことで手軽に洋食屋さんのようなハンバーグが再現できます。

おいしいハンバーグを作る

自宅で焼いてもふっくらしたハンバーグにならない

ハンバーグを作ろうとすると、火を通しすぎて固くなってしまったりぺちゃんこになってしまうといったことはないでしょうか。そうした場合、ちょっとした工夫をすることでハンバーグをふっくらジューシーにすることができます。

ハンバーグをジューシーにするポイント

ハンバーグをジューシーに仕上げるためには、ミンチを練る際にまず塩・胡椒だけを入れて練るようにしましょう。先に塩・胡椒だけを入れて練ることにより、密着度が高まってしっかりミンチがまとまるようになります。ある程度ミンチを練ってから卵やパン粉などを投入するようにすると、より肉汁がしっかり内包されたハンバーグにできます。

ハンバーグをふっくらさせるコツ

ハンバーグを簡単にふっくらさせるには、パン粉を湿らせる際に牛乳ではなく炭酸水を使ってみましょう。この時はかき混ぜない事が大切です。かき混ぜてしまうとせっかくの炭酸が抜けてしまいますので、かき混ぜずに丸めて焼くことでふっくらした仕上がりになります。

火が通ったか分かり辛い時は

ハンバーグはなかなか火が通ったか分かり辛いのが難点です。そのため、火を通しすぎて固くなってしまうということも少なくありません。そうした時は、竹串を刺してみて肉汁の色で判断しましょう。色が赤色ではなく透明になっていれば、火が通っている証拠です。

竹串がない場合は

竹串などがない場合は、水を周りに足してから蓋をして蒸し焼きにすることで、よりしっかりと中に火を通せるようになります。火を通しすぎないように注意しながら蒸し焼きにしましょう。

広告募集中